津久野キリスト恵み教会

ふくいん63号 -2018.06-

設計者の存在

アカゲラやアオゲラなどの鳥は、一般にキツツキと呼ばれています。彼らは餌を捕ったりするために、一秒間におよそ二十回というとてつもない速度で木をつつきます。その時の頭部への衝撃は、重力の千倍以上になるとも言われています。それを彼らは毎日何度も繰り返すのです。それが可能になるためには驚くべき仕組みがあります。 まず、キツツキの目には上下のまぶた以外に、もう一つの膜のようなものがあるのです。そして、木をつつく時に目を閉じると、その内側にある膜が眼球を覆い、ちょうどシートベルトのようにガードしてくれる仕組みになっているのだそうです。

また、キツツキの脳は人間のように横向きの半月型ではなく、正面を向いた形になっています。ですので、前後の衝撃に強いのです。それに加えて、上のクチバシに可動性があり、衝撃を逃がすことができること、頭蓋骨が衝撃を吸収しやすい構造であること、さらに舌骨が頭部に巻き付いたような形になっていて頭部を固定するのに役立っていることなど、脳震盪を防ぐための幾つもの要因が考えられるのです。

これらの仕組みが十分に完成して機能しなければ、キツツキにとって木をつつくことは自滅行為になります。このような鳥や生物の身体の仕組みを見る時に、明らかに、そこに優れた設計があることが分かります。では、誰がそのような設計をお与えになったのでしょうか。聖書は明確な答えを与えています。

「神は、海の巨獣と、水に群がりうごめくすべての生き物を種類ごとに、また翼のあるすべての鳥を種類ごとに創造された。」(創世記 1章21節)

創造主であられる神がおられます。私たち人間も神によって造られたのです。

神に対する罪

神様はもともと、私たちを愛して祝福を与えようとして造ってくださいました。しかし、人間はその神から離れて、神のみことばを聞こうともしなくなりました。そして、自分の思うままの好き勝手な人生を送るようになっています。

それにも関わらず、何か自分たちにとって都合の悪いこと、納得の行かないことがあると「だから神など信じられない」「そんな神など認めない」と語る人たちが多くいます。しかし、医者の言うことも聞かずに暴飲暴食をした人が、身体を悪くするのは当然の結果です。同じように、まことの神様を無視している人類の間に、多くの不幸や悲しみ、問題が起こって来るのは当然の結果なのです。

「ああ、あなたがたは物を逆さに考えている。陶器師を粘土と同じに見なしてよいだろうか。造られた者がそれを造った者に『彼は私を造らなかった』と言い、陶器が陶器師に『彼にはわきまえがない』と言えるだろうか。」(聖書:イザヤ書29章16節)

さらに、人間は神を無視して歩んでいる結果、罪に対する感覚が非常に鈍くなっています。嘘をついたり、心の中で人を憎んだり腹を立てたりし、人の陰口や悪口を平気で言い、木や石でできた偶像を拝み、数えきれないほどの罪を犯していながら、自分ではそれが罪だとも気付かなくなってしまっているのです。

神様は聖なる、正しい御方ですから、人間の罪を必ずさばかれます。あなたは今のままならば、やがて死に、その後地獄に投げ込まれなければなりません。そして、永遠に消えない火で焼かれ続けなければなりません。

「死んだ者たちは、これらの書物に書かれていることにしたがい、自分の行いに応じてさばかれた。…いのちの書に名の記されていない者はみな、火の池に投げ込まれた。」(聖書:黙示録20章13、15節)

罪人を救う神の恵み

しかし、まことの神は、正しい御方であると同時に、あなたを心から愛してくださっています。ですので、あなたを地獄に行かせたくないと願ってくださっています。けれども、罪を犯した者を処罰なしに済ませるわけには行きません。負債は必ず支払われなければなりません。

ですので、天におられた御子なる神が人間となって生まれてくださり、あなたの身代わりに罪に対する刑罰を全て受けてくださったのです。その御方こそ、イエス・キリストです。イエス様が十字架につけられてくださり、あなたの罪という負債を全て肩代わりしてくださったのです。

そして、イエス様は死んで三日目によみがえられました。誰でも、イエス・キリストを信じ受け入れるならば、神はその人の罪を全て赦してくださいます。そして、地獄ではなく、永遠の天国に迎え入れてくださるのです。

どうか、あなたも神の前に身を低くして、イエス・キリストを受け入れる方となってください。そして、造り主である神に立ち返り、喜びと確信を持って生きる方となってください。

「私たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たちすべての者の咎を彼に負わせた。」(聖書:イザヤ書53章6節)

その他 ふくいん新聞